ワーママが残業せずにさっさと帰る方法とマインド「仕事はするよ、でも帰るよ!」

我慢妻をやめる方法

私は九州の片田舎で4歳と7歳の子どもを育てているママです。

 

学校卒業後、コンピュータ関連の会社で働き、結婚を機に今の土地に越してきました。

結婚・引っ越し・出産を経ても、ずっと正社員として働いています。

 

産前産後・育児休暇も2人分取得し、現在も正社員として働きながら、子育てしています。

 

会社の考え方として「残業は悪」

社長は「残業はコストだから。残念しない方法考えろ!」と、そもそも残業ゼロを目指している会社に勤めています。

 

いい社長ですね。

それでもやっぱりゼロにならない。

理想と現実は違います。

 

でも、私は「残業しないこと」にしました。

 

ママだから「使えない」と思われたくなかった。

私の勤める会社は独身だらけです。

結婚して働いている人は男性、女性ともに2割程で、仕事に時間と労力を注いでいる人が多いです。

 

じゃ、ママの私は?

 

はっきり言って無理して働いていました。

 

残業、大丈夫ですよ!

 

 

土日出勤もやれます!
余裕ですよ!

 

 

そう??大丈夫?

 

 

 

「ママだからダメだ」「やっぱママは使えない」と思われたくなかったので、残業も休日出勤もしていました。

 

一生懸命だったと思います。

 

残業してもコスパが悪いし幸せじゃないと気づいた

残業して帰ったときには、子どもたちがよけいに甘えてきて、イライラがとまりませんでした。

 

料理をしていては、足にくるまってくる。

料理に火をかけているのに、平気で背中におぶさってくる。

いそいそと家事している最中に「ママ、読んで―」と絵本攻撃。

人形を持って来ては「メルちゃんが風邪ひいたー!」とごっこ遊びに誘われる。

 

家事も思うようにできず、子どもと遊ぶこともできず、時間だけが無駄にすぎていきました。

 

そんな状況に私自身もいつもイライラして「うるさーい!」「もーー!やだー!」と叫んでいました。

 

旦那
旦那

さみしいんよ。イライラしなさんな。

 

 

妻

うっせーーー!だいたいあなたはさ・・・・くどくどくど

 

 

旦那「・・・(その場を離れる)」

 

旦那にも当たり散らす毎日でした。

 

どうしてこうなるのだろう、、なんとかならないものかと感じていいたときに、給料明細をもらって、はっとしました。

 

「残業代」の項目にわずかなお金。

 

妻

私はこのお金のために、イライラして子どもたちにさみしい思いをさせて、旦那にも当たり散らす。。
これって幸せか?

 

 

 

お金は増えた。

 

時間はない。

 

心は荒れる。

 

もう、やめよ!と思いました。

 

残業しない方法は「帰る」

残業せずにさっさと帰る方法。

 

それは時間が来たら「帰る」ことです。

 

本当にそれだけです。シンプルです。

 

ババア!当り前の事言ってんじゃねーよ!!それができてりゃ苦労しねーよ!

 

と言う声が聞こえそうです。でも帰らないと残業しますよね。

 

帰るには周りからの信頼と努力が必要です。

 

それ以上に図々しさが必要です。

さらに屁理屈も。

 

妻

帰ります。

 

 

上司「あ、あれどうなった?」

 

 

妻

あー、あれは先方が明後日でいいそうなので、明日します。
今日は帰ります。

 

 

上司「・・・」

 

 

上司に突っ込ませる隙をあたえないように注意し、自分の仕事は計画的にすすめ、先延ばし出来るものは全部先延ばししています。

 

「帰っていいですか?」ではなく「帰ります」

周りが残業してるとき、帰りにくいですよね。

 

でも自分の仕事は終わらせた。

 

そんな時、周りは関係ありません。

 

私の私の時間を生きて行くのです!

 

 

皆「カチャカチャカチャ(キーボード音)」

 

妻

あー、すみません。帰りますね

皆「おつかれっしたー」

 

 

結構皆も理解があり、意地悪なく接してくれています。

 

わたしは「残業しない人」というレッテルを貼ってくれたようです。

 

仕事はするよ、でも帰るよの姿勢

仕事は積極的にします。

 

妻

(自分の仕事は終わらせて)何か手伝える事ありますか?

 

 

上司「いや、特に・・・。」

 

 

妻

じゃ、帰ります。

 

 

 

このとき、もし上司が「これお願い」とか言った場合。

 

妻

何か手伝える事ありますか。

 

 

 

上司「じゃ、これを。」

 

 

妻

いつまでですか。明日で良いですね。じゃ帰ります。

上司「・・・」

 

 

「仕事はするよ、でも帰るよ」の姿勢を貫いています。

 

良い意味で鈍感になる

世の中、真っ向から潰しにかかってくる意地悪な人がいます。

 

最大級の悪意を持って、めった切りしてくる人がいます。

 

悪意ある人「皆んな残業してるのに、一人だけ帰れてずるいよなー」

 

 

妻

・・・そういえば、冷蔵庫にセブンイレブンのシュークリームありましたよ?食べました?

 

悪意ある人「・・・」

 

聞いてるふりして、聞かない。バカなふりをする。

 

繊細な心を持っていると、

 

「あぁ、私仕事してないって言われたらどうしよう」とか

「あいつだめだなって思ってるんだろうな」とか余計な心配して自分を苦しめます。

 

そういう繊細さをすぐに捨てましょう。

鈍感に。バカに。

 

それに他人は、自分が思っているほど他人に興味を持っていません。

 

悪意ある人から離れ、鈍感力を身にけ、自分の時間と人生を過ごす。

 

うまく立ち回り図々しく渡り歩いて行きましょう!

 

妻

仕事はするよ、でも帰るよ!