第1回「神旦那エピソード大賞」発表!vol.3

ブラック旦那

vol.1とvol.2に引き続き「神旦那エピソード大賞」のvol.3を発表します。

【関連記事】

第1回「神旦那エピソード大賞」発表!vol.1

第1回「神旦那エピソード大賞」発表!vol.2

 

「幸せな家族が増えてほしい」(ついでにフォロワーが増えたらうれしいな)の思いを込めてこんな企画を立ち上げました。

素敵なエピソードがたっくさんあつまりました。

 

その中でも多かったのが「旦那が家事や育児をやってくれるというエピソード」です。

 

それを読んでいてふと思いました。

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

女の人は、そもそも家事と育児を「本来すべてひとりでやるべきこと」と思っているのではないか?ということです。

 

つまり、このエピソードの内容を女の人がやっていたとしても「神」にはならず「当たり前」になるんじゃないのか!!!

 

おい、なんてこった!!!

 

と思ったのです。

考えた末にこう思いました。

 

結論:仕事も家事も育児も感謝しあえる夫婦が最強

 

ぜんぶ大変なこと。

だから、どっちがやるにしてもお互い感謝しあえてたら、それでいい。

負担のバランスはそれぞれの夫婦が考えればいい。

 

 

実際に全く手伝えなくても、家事と育児を軽くみないでほしい。

 

仕事は大変だよね、たくさん我慢したり悔しい思いもしてるよね。

それは家事と育児も同じなんだよ。

 

気持ちだけはわかってほしいなと思いました。

 

というわけで、「家事をめっちゃやる神旦那大賞」を一気に紹介します!

 

旦那さまがた、妻によろこんでもらうには、こんなことをしたらいいですよ!

ちょっとやっただけでも、めちゃくちゃ喜ばれますよ!

家事をめっちゃやる神旦那大賞

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

泊まりで子守りしてくれるってまじで神!できそうでできない高レベル!

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

「言われなくてもやる」これはかなり嬉しいパターンだ!神!

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

一旦帰ってきて家事育児をしてからまた仕事!

いったいいつ休んでるんだよ、神さま!

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

夜中は昼より孤独を感じやすいよね。その気持がわかってる時点で神!

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

素直な発言だろうけど、がんばりやさんの妻には嬉しい言葉!

「手抜きを褒める」は妻の気持ちを軽くする最高の手段!

 

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

バトって手に入れた神旦那!担当を決めて実行してるのがえらい!

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

妻の睡眠を確保するのは神旦那!早く単身赴任から帰ってきて!

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

空気をよむ力が高い神旦那!イライラをイライラで返さないの素敵!

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

イヤイヤ期の子の面倒を忙しい朝にみてくれるのはまじ神!

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

楽しんで家事育児をしてる姿が目に浮かぶ!

妻の好き勝手を許せる旦那さんは神!

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

どこからも好かれてしまう神旦那!会社との取り合いに勝ってほしい!

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

いつも笑顔って難しいぞ!すごいぞ神旦那!

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

地味に面倒なことを担っている、、、神旦那だ!
(保育園の準備って結構面倒だよね、、、)

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

文句の前に自分が動く!行動で示す神旦那!

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

リクエストを聞いてくれるところと、どんな日でもやってくれるところが懐深い神旦那!

 

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

休みの日に朝から動けるのはまじ神!「寝かせてあげよう」という気持ちが嬉しいよね!

 

 

 

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

自分がやれることを全力でやっている!

休みの日こそゆっくりしたいはずなのに美味しい料理つくれるなんてまじで神!

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

怒らない、褒める、労うの3点セットをもちあわせるなんて、神に違いない!

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

泊まりで遊びにいかせてくれるのはほんと神!

めっちゃレベルたけーな!

ということで、今日現在もらっているエピソードすべて発表させてもらいました!

 

「女の人が働くことが当たり前」になった今、

「男の人が家事・育児をやることも当たり前」です。

 

専業主婦であっても「家事・育児」をたったひとりでするには負担が大きすぎます。

 

男性の「家事・育児への参加」は今は珍しいことではありません。

 

でも、それを「感謝しあえる関係」であることが本当に素敵だなと思いました。

 

【関連記事】第1回「神旦那エピソード大賞」発表!vol.1

【関連記事】第1回「神旦那エピソード大賞」発表!vol.2