旦那が家事をしてくれない(怒)ブラック旦那を神旦那にする方法

ブラック旦那

家事をしない旦那をお持ちの我慢妻のみなさん、こんにちは。

今日も、我慢しているかい?

妻

しまくってるよ!いえーい!

もう我慢するの嫌ですよね!

「なんでこの人と結婚しちゃったんだろう・・・」と思うこともありますよね。

 

うん、うん、わかります。

 

めんどくさいですが「家事をしない旦那=ブラック旦那」を「家事をする旦那=神旦那」に育てることに、もう一度挑戦してみませんか?

きっと何度か挑戦したと思うんですが、最後にもう一度やってみてください。

 

今回は、ナマケモノだった旦那を神旦那にしたD子さんの方法をお伝えします。

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

D子さん、がんばって育てたね~、えらいよ!

妻

めっちゃがんばった!わたし、えらい!

ということで、家事をしないブラック旦那を、家事をする神旦那にした方法を解説してもらいます。

旦那を育てる方法①まず1つだけ家事をお願いする

妻

旦那さんが家事をしなかったら皆さんどうしてますか?

だらける旦那を横目にイライラしながらやりますよね。

自分が動いているのにだらだらしていると、本当に腹が立ちます。

妻

ちっくしょーーーイライラ!

そんな時は、聞こえる声で言ってみてください。

妻

食器洗って、洗濯取り込んで、うわー大変!

普通の旦那さんならここで手伝ってくれます。

 

 

でも、家事をしないのが常識だと思っている旦那さんは、この一言だけでは手伝いません。

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

言ってもやってくれないから、みんな困ってるんだろうね。

でもここで諦めてはいけません。

 

 

妻

きゃーこの後、お風呂も洗わなきゃじゃん!

聞こえるような少し大きな声で言いましょう。

まだ手ごわい旦那さんは動きませんよ。だって家事したくないもん。

妻

ちっくしょー、まだ動かないなこいつ、、

まだ諦めないでくださいね。

 

 

妻

あーあ。時間がたりないよー!

旦那
旦那

なんだよ!俺だって仕事で疲れてるんだよ

と怒り出すかもしれません。

 

 

ですが、そんな時に言うのです。

付き合った当初の、ラブラブな時を思いだして言うのです。

妻

お疲れ様。お風呂だけ洗ってくれないかな?お風呂だけ♡

ポイントは優しい声と”だけ”を繰り返すこと。

 

 

これからしなければいけない事をいくつも伝えた上で、あえて1つだけ頼んでみましょう。

ここで言っても、旦那さんがごねたら、次の手です。

妻

くそ!まだやらねぇのか!

妻

じゃあ、何ならやってもらえる?

ここで大切なのは、やらない選択肢をなくすことです。

 

 

あえて選択権は与えて、旦那に選ばせてあげます。

旦那
旦那

じゃあ、風呂の準備はやるよ。

いえーーーす!作戦成功!

 

 

家事をしてもらったらゴールではありません!

たとえ嫌々でも、へたくそでも、時間がかかっても家事をしてくれたことが大切。

内心どう思っていてもいいので褒めたたえてください。

妻

私より綺麗じゃん!すごい助かる!まじすごい!

旦那
旦那

ふん。こんなこと位余裕だぜ!

これをくり返してみてください。

まずは3日に1回位。

いきなり毎日頼むと、彼らは何もやらない人間に戻る可能性があるので、ご注意ください。

旦那を育てる方法②家事をやりたくないとごねてみる

褒めたたえると、たまに家事をしてくれるようになった旦那さん。

でも、もっとして欲しい!

妻

わーもーやだ。無理だ。

旦那
旦那

え?なに急にどうしたの?

 

とにかく「困っている」ということを旦那さんに伝えます。

まず「どうしてこの家事をやりたくない(できない)のか」を、優しく甘い口調で言ってみましょう。

 

例えば、

・手が荒れている
・今日二回目の家事
・子どもを寝かせたい
・体調がわるい、寝不足

とにかく、素直に伝えてください。

 

妻

だから、どうしても代わりにやってほしい。

 

どうしてものお願い。あなたの旦那さんは断りますか?

ここで断ってきたら、すごく悲しい顔をしてその場を離れてください。

やらないと生活に困る家事でなければ、しばらく放置しましょう。

 

旦那に『うわ。やれば良かったかな?』と、思わせることが大切です。

 

ただし、旦那さんにちゃんと伝わるタイミングでやりましょう。
スマフォやテレビを見ている時は、会話しているようでしてません。
こっちに意識なんてないんだから!

 

意識をこっちに向かせて、話を聞ける脳を作ってから会話を始めてくださいね。

ただ仕事が激務の時や、機嫌がもともと悪い時はやめましょう。

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

相手の状況も考慮することが必要だよね・・・
でも、こっちも大変なんだよー!

旦那を育てる方法③家事グッズを一緒に買いに行く

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

もっと自発的にやるようになるにはどうしたらいいかな?

妻

あぁ、グッズがいいよ。道具を買うの。家事便利グッズを一緒に買いに行く!

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

うちの旦那も、家事グッズめっちゃ好きやわ!

自分でもなんとなく家事のやり方を覚えた旦那さん。

家事便利グッズを一緒に買いに行きましょう。

 

自分がもう知っているものでも、知らないふりをしてください。

妻

ねえ、これ何かなあ?

旦那
旦那

これすごいぞ!こんな事ができるらしい!

道具の説明を読んで目を輝かせたら、即買いましょう。

妻

とにかく男は道具が好きです!

新しいオモチャを手に入れた子どものように使いだします。

『私より使いこなしてる♪』とさりげなく褒めることを忘れずに。

旦那を育てる方法④色んな所で家事をする旦那を褒める

家に友達が遊びに来たら、さりげなく旦那さんを褒めましょう。

妻

うちの人、最近めっちゃ家事してくれるの!

そうやって周りの人にも吹聴していると、いつしか旦那さんの耳に届きます。

 

友達だけでなく、両親や親せき周りに言うのも効果的です。

妻だけでなく、周りからの評価がグングン上がるとやる気アップにつながります。

 

もし旦那さんが見ているのなら、SNS(TwitterやInstagram)でもたまに褒めてください。

言葉に出して褒めているうちに、自分の中でも旦那さんが素敵な存在に変わります。

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

それめっちゃ大事!

妻

旦那を褒めてると、自分もいい気分になってきた!

旦那を育てる方法⑤報酬で釣って家事をしてもらう

家事をしたことに対して、見返りを求めてくることもあります。

主婦は家事をしても見返りなんてありませんが、仕事をしたらお給料がもらえるように見返りを求める旦那さんもいます。

旦那
旦那

これやったら〇〇していい?

妻

良いよ♪特別だからね。

「特別」と伝えることが大事です。

 

特別と伝えそびれると、毎回見返りが発生します。何度かに一度くらいにしてくださいね。

妻

私はたまに家事をしてくれたら、お金を渡してるよ。

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

そりゃ喜ぶわ。

自分たちだって家事をしてお金もらいたいですよね。

 

でもその気持ちはグッと我慢して、慣れない家事を頑張ったらなにか渡しましょう。

お金以外でも自由時間やマッサージ、大好物を作ってあげる、アイスを買ってあげるなどでもいいですね。

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

こどもと一緒や!

妻

そう、こどもと一緒!

なんで妻がそこまでしなきゃいけないの?

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

よくここまでがんばったよ、D子さん!

妻

うん、自分でもよくやった思う!

 

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

子どもが小さいうちは、手伝ってくれないと自分が死ぬもんね。

妻

そう、大変なのは「今」!
「いつか手伝ってくれる」という幻想はなくしたほうがいい。

年をとれば落ち着く、結婚したら愛妻家になる、子どもが生まれたら育メンになる。

そんなことはありません。

そこへ導く「人」が必要なんですよ。

 

それが親か上司か友達かは人それぞれですが、まだ導く人に出会えていないからこそ出来ないのです。

 

家事に至っては妻以外の人は介入しにくいので、やっぱり妻が導いてあげなければいけません。

「子供じゃないんだから、褒めておだてて家事をしてもらうなんて嫌だ!」と思いますか?

「自分がやった方が早いもん!」と思いますよね。

家事をする旦那にすることは、子育てと同じです。

 

ママが全部やってあげていたら、子どもは自分でやり方を覚えられませんよね。

 

旦那さんと家事をシェアするようになった友達は、旦那さんをよく褒めています。

それを見た子どもたちは家事をする事が当然だと思い、最近ではお手伝いをしてくれるそうです。

妻

自分が今後楽をするために、もう少しがんばってみましょう!

①まず1つだけ家事をお願いする

②家事をやりたくないとごねてみる

③家事グッズを一緒に買いに行く

④色んな所で家事をする旦那を褒める

⑤報酬で釣って家事をしてもらう

ちゃちゃこ
ちゃちゃこ

神旦那にすること諦めたくなる日もくるかもしれないが、全ては自分のためだ。
どんな手をつかってでも、神旦那にしあげておくのだ!